​スタッフ紹介

原澤治療院スタッフの治療の様子

​原澤達也

1972年生。神奈川県小田原市出身。2児の父。

幼い頃より武道指導者の父の影響で武道に親しみ人間の動きに興味をもつ。

趣味はスノーボード、サーフィン、トレイルランなどのアウトドアスポーツ。最近は瞑想、システマ(格闘技)等を通して、心と身体の繋がりの探求を楽しんでいる。

また子育てを通じ、子供達の外で遊ぶ時間の減少による身体への影響に危機感を抱き、プレイリーダーとして遊びを通じた子供の成長発達にも力を入れている。

20代にスノーボード大会練習中に怪我を負い、東洋医学の治療を受けたことから、東洋的な健康観に興味を抱き、東海医療学園専門学校(静岡県)へ進学。はり師・きゅう師・按摩マッサージ指圧師の国家資格を取得。資格取得後、西洋的な身体感の学習の為に、横浜市青葉区の水野整形外科にて鍼・マッサージを担当。オステオパシー・AK・ホリスティックコンディショニング・頭蓋仙骨療法など様々な技術を学び、東洋医学や欧米発の代替医療の技法を併用した治療を行なうようになる。

2013年に藤沢市で痛みの治療やパーソナルトレーニングを行なう「原澤治療院」を開業。

<企業・他団体との協業>

・訪問医療マッサージフランチャイズKEiROWでテクニカルスーパーバイザー

・治療家グループ向けの治療法勉強会講師

・地域コミュニティ向け「中高年ランナーのためのランニング障害勉強会」講師

・鎌倉市の小学校でプレイリーダーとして活動

Tatsuya HARASAWA